テクノロジー

Hyper & S.I.(2×4工法)

建物を6面で支える高バランスの構造。強度と快適性を両立した新2×4工法「Hyper&S.I.」

Hyper&S.I.のメリット

  • 開放感のある吹抜け・大空間

    開放感のある吹抜け・大空間

    これまで以上に開放的な空間をつくるため、空間を支える梁には、高強度の「TJI梁」を採用。

    より自由度が高く、大空間のある設計を可能にしています。

  • 夢のガレージハウス

    ガレージハウス

    最大スパンは5.46m。
    従来の2×4工法より1.2倍も広くとることができ、建物とガレージが一体となったガレージハウスや、店舗スペースも確保できるなどのメリットがあります。

  • 快適な室内を効率よく実現

    快適な室内を効率よく実現

    Hyper&S.I.は大空間でありながら室内環境を快適に保つ、高気密・高断熱の性質を持ち合わせています。

    外気の影響が少なく、夏は涼しく冬は暖かい室内と、快適な住まいを実現します。

    断熱性を高めることで、光熱費ゼロも可能な省エネ住宅が可能!

トータテハウジングの制震住宅

耐震だけではなく、「制震」という最新技術を。

2×4 工法Hyper&S.Iは、地震による建物の揺れを吸収し、家のダメージを軽減する制震システムを標準採用しています。
永い生涯にわたって続く安心・安全な暮らしと、家の資産価値を守ります。

耐震

柱・梁・壁などの強度で地震に対抗する。揺れに「耐える」地震対策
建築基準法にも定められている、近年の新築住宅なら標準的に保持している性能です。

制震[MIRAIE]

揺れを吸収する装置で地震に対抗する。揺れを「制御する」地震対策
地震エネルギーを吸収するシステムです。建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。

住友ゴムの住宅用制震ダンパー[ミライエ]

地震による建物の揺れを吸収し、家のダメージを軽減する制震システム最大70%の揺れを吸収し、繰り返しの余震にも効果を発揮します。

トータテハウジングだから可能 Hyper&S.I.のテクノロジー

TJI/高強度の複合梁

空間を支える梁には、エコウッドから生成されたTJI梁を採用しています。

大スパンの施工を可能にする強さと安定した品質により、設計の自由度も向上。構造解析もより正確になります。

2階の床鳴りやきしみの防止しながら、穴あけ加工もできるので、配線や将来的に改築も容易に行うことができるなど、 多くのメリットをもたらしています。

面材/高耐力面材

6面体のモノコック構造で家を支える2×4工法。耐震性に優れたその構造を活かし、Hyper&S.I.では面材自体の強度をさらに高めました。耐力壁を最小限にしつつ、圧倒的な強度で大空間を支えます。

通常の2×4工法にくらべ約1.5倍の壁倍率で、地震や台風に強い家づくりが可能となります。

基礎/ダブル配筋ベタ基礎

ベタ基礎は、地盤面に接する面積が大きく、不等沈下を起こしにくい安定した基礎構造です。

スラブは鉄筋を2重に組むダブル配筋にすることで、通常のシングル配筋より高強度で耐震性に優れています。

また、土壌からの湿気も防ぐため、建物の耐久性も飛躍的に向上します。

Hyper&S.I.の特徴

スケルトン・インフィル

構造が高強度になり、大空間がつくれるようになったことで、設計の自由度も大幅に向上します。
これまでの2×4工法よりもさらに広く、明るく、自由なプランニングが可能になり、間取りの可変性も高まります。

同じ構造体の条件でも間取りはいろいろ

M・Graceモデルの場合(ブルーは構造上変更できない耐力壁)

Hyper & S.I.で建てたモデルハウス

M・Grace
M・Grace
(アスタ展示場)
J・Grace
J・Grace
(ちゅーピー展示場)
U・Grace WEST
U・Grace WEST
(吉島展示場)

Hyper & S.I.で建てた注文住宅