テクノロジー

Hyper & S.J.(木造軸組工法)

設計の自由度を最大限に発揮するより高強度に進化した、木造軸組み工法「Hyper&S.J.」

Hyper&S.J.のメリット

  • 解放感のある吹抜け・大空間

    ダイナミックな大空間

    Hyper&S.J.は柱と梁で支える構造のため、室内にダイナミックな大空間がつくれます。

    特に、狭小地など土地の制約が厳しい条件での建築に有利です。

  • 壁の制約がないオープンな開口

    壁の制約がないオープンな開口

    壁で家を支える2×4工法と異なり、Hyper&S.J.はオープン開口が可能です。

    眺望を楽しむ連続窓や一面をフル開口にするなど、自由度の高い設計において威力を発揮します。

  • 快適な室内を効率よく実現

    車2台並列駐車 ビルトインガレージ

    間口6mを超える大型開口の2台並列ビルトインガレージや、オープンスペースをもった店舗併用住宅にも可能です。

トータテハウジングだから可能 Hyper&S.J.のテクノロジー

集成材/広島県産材の集成材を使用

Hyper&S.J.が構造材に用いるのは、広島県産材の集成材。

集成材は、木材の強度を1枚ずつ測定し安定的な強度を保つよう加工されており、ねじれや割裂などのない均一な 品質を保持しています。

また、広島県産材を使用することで、地元の林業にも貢献します。

接合金物/ストロングジョイント

通し柱、登り梁、柱と土台など、各接合部分適した専用金物で緊結し、構造の強度を大幅に向上させました。

4方向から力のかかる通し柱でも、金物の強靭な接合力であらゆる方向からの力に抵抗します。

柱脚/基礎と柱を金物で緊結

基礎と柱には専用の柱脚金物で強固に緊結。

門型フレームを構築する重要部分で、その確かな耐力は第三者機関の試験と構造計算により証明されています。

Hyper&S.J.の特徴

断面欠損が少なく仕上がりも美しいストロングジョイント

ストロングジョイント

柱や梁などの接合部分を専用の構造金物で緊結する、ストロングジョイント工法。
接合部の強度が明確になるため、より精密な構造計算が可能になります。
また、断面欠損を最小限に抑えつつ、金物が柱や梁の内部に収まった美しい仕上がりをもたらします。

Hyper & S.J.で建てたモデルハウス

N・Grace
(東広島展示場)
U・Grace EAST
(吉島展示場)

Hyper & S.J.で建てた注文住宅