お客様の声

Aさまご家族
2014年7月入居 広島市佐伯区Aさま邸
ご主人、奥さま、1男2女の5人家族

思い描いていた理想の住まいを
より完璧な形で現実に

住んでいた賃貸アパートの近くに、新たに造成地ができることを知ったAさまの奥さま。
区画図を見ながら、家を建てるならこの区画で、こんな家を、と理想の住まい像を膨らませます。実は、これまでも兄弟や友達の家を見せてもらう度に「自分だったらこうしたい」と理想の家の形を考えていたのだそう。

一方で、子どもも「もう1人欲しい」と考えていたため、ご主人は新築に反対。
経済的にも、子どもか家かどちらかに、と言われたけれど、奥さまは「どちらも諦めたくない」と決意。最後は奥さまの熱意をご主人が受け入れる形でA様の家づくりはスタート。

トータテハウジングの建築条件付きの区画ではあったものの、営業の前田のことも気に入ってくださり、特に奥さまにとっては本当に楽しい家づくりの時間の中、もう1人の家族誕生もしっかり現実のものにされました。

周囲の視線を遮断する高台に思い描いた理想の住まい

外観写真
少し高台にあるAさま邸。1面にしか隣家がなく、プライバシーが保てる点が気に入ったとか。

奥さまが今の区画を気に入ったのは、少し高台に独立した場所にありプライバシーが確保できることと、広めで子どもたちが遊ぶ庭スペースもできると考えたから。
その区画図をベースに理想のプランを描いていきました。

和室を独立させること、1Fにファミリークローゼットを設けること、対面キッチンにすること、リビングにタタミコーナーを作ること、2Fは書斎と4室にすることなど。

「奥さまのプランが最初からきっちり固まっていたので、それをできるだけ良い形で実現したい、という感じでプラン作りは進みました。」と前田も振り返ります。

縁台とテラスのある庭
縁台、テラスに大きく張り出した屋根。その先に広がる庭まで、子どもたちがのびのびと遊び回る。
和室
落ち着いた独立和室はご主人がコーディネートを担当。
対面式のキッチン
対面式のキッチン。「整理が苦手なので、視線から隠せるように」とカウンターは少し高めに。

奥様のひらめきを次々と形に

たたみコーナー
奥さま大満足のタタミコーナー上の欄間。置いている家具は以前から使っていたもので、「家具をそのまま使いたい」というのも要望の1つ。サイズや色調を合わせることで、違和感なく調和。

「とにかく次の打ち合わせが楽しみだった」と話す奥さま。
図面を眺めては、ひらめいたアイデアや疑問をすぐに前田へ伝えたそうです。

最終的には自分で図面まで描くまでに至ったという「奥さまの進化が頼もしかったです」と前田が語れば、奥さまも「前田さんは、何でも話しやすくて、理解してくれるのも早くて、前田さんが担当で本当に良かったです」と笑顔に。

中でも思い出深いのは、タタミコーナーの上に設けた欄間。
ふと洗濯物を部屋干しできる場所が欲しい、と思い、「タタミコーナーの上にこんなものを付けられないですか?」と前田に連絡。

電話で聞いて、前田もすぐに理解できたものの、「思いが違ったらいけない」と直接訪問して、具体的な形を確認。

既製品ではないので、社内スタッフともハシゴのピッチ、高さ、強度などを相談し、設置したそうです。

2階の子供部屋
2Fの子ども部屋は子どもたちお気に入りの遊び場。将来的には2人の女の子の部屋になる予定なので、広めに取っている。
長女ひかりちゃんが描いたカレンダー
テレビボードの上の棚は「このくらいお洒落なものの方が部屋に合うじゃろう」という現場監督さんの配慮で、デザイン性の高いものに。カレンダーの絵は長女ひかりちゃんの作品

スペースをムダなく活かして収納力を高く

奥さまのもう1つのこだわりは収納。
部屋をすっきりと使えるよう、とにかく収納力を持たせたいと、図面を見てデッドスペースを見つけては、「この空間、収納に使えませんか」と相談。

そんな要望に応え、階段下は洗面室のカウンターに、長男そうた君の部屋にはロフトを、玄関上の空間は小屋裏収納に、とスペースをムダなく活用。

「小屋裏収納を作るなら玄関の上の方が空間効率が良い、などと自分では考えつかなかった提案もしてもらい、収納力は本当に高くなりました。家を見に来た知人からも、“本当にスペースにムダがないね”と感心されます。」

そうた君の部屋のロフト
そうた君の部屋のロフトも、ぎりぎりまで幅を広げて使いやすく。左下の扉は玄関上のスペースを活かした収納。
主寝室のテレビボード
主寝室にはテレビボード兼用の棚を設置。元々持っていた家具以外は、造り付けにして新規に購入しないという賢い選択。
階段下のスペース
階段下のスペースも活かし、カウンターを広げた洗面室。下部には洗濯かごを収納。

遮音性や採光にもこだわりが

新居での生活は「逆に落ち着かないくらい静かで驚いた」と語るAさまご夫婦。

「実は壁も窓もかなり断熱・遮音性の高いものを採用していますから」と、そこは前田が自信を持っているところ。

もう1つ前田がこだわったのは採光で、日の入り方を計算し、窓の位置を決定。特に階段に設けたトップライトは、「階段は明るい方がいい」との思いで、ロフトスペースの確保などと調整しながらも設置。

「おかげで階段は本当に明るいです」と、ご満足いただけたようです。

毎朝外の空気を吸いながら、家の外回りを掃除するのが日課になったという世の奥さま方の理想のようなご主人も、「家づくりが本当に楽しかった」と笑う奥さまも、新しい住まいに心から満足されているようでした。

Aさまご家族

A様邸完成までのステップ

行動開始

近所に新たに造成地ができることをチラシで知る。 予定区画図を見ながら「家を建てるならここかな」とチェック。

土地購入検討

チェックしていた土地が、トータテハウジングの建築条件付きだったので、連絡するとその日のうちに営業担当の前田が訪問。ご主人はまだ現実的に考えていなかったが、奥様の中ではどんどん理想の家の形が膨らんでいく。

プランづくり開始

奥様の熱意がご主人のGOサインを引き出し、本格的にプラン作りスタート。その時点で、奥様のプランはかなり具体的なものとなっており、スムーズに進む。

プラン決定

打ち合わせの度に奥様に新たなアイデアがひらめき、ほぼ理想に近い形でプランは最終決定。 造成完了待ちとなる。

着工

造成工事が予定より遅れながらもやっと着工。
消費税増税前の工事ラッシュと重なり、建物の工事も少し遅れる。が、奥様と営業、設計、建築担当が工事の過程でも細かい所までより良いアイデアを出し合う形で着実に進行。

完成、お引き渡し

担当者のコメント

担当者のコメント

奥さまとは本当にたくさんやり取りをして、思いを実現できたので良かったです。
いつも指示が的確で、こちらも迷うことがなかったです。その勉強量と発想の豊かさには感心させられました。
ご主人は掃除も積極的に手伝っていらっしゃるとのことは、世の男性諸君のためには教えたくないくらい(笑)。理解力があって優しいご主人のもと、笑顔いっぱいの暮らしが始まっていること、うれしく思います。
〈営業担当 前田〉