お客様の声

中庭を囲むレイアウトで
採光とプライバシーを確保した住まい

2014年12月入居 広島市佐伯区Hさま邸
ご主人、奥さま、もうすぐ3人家族

都心のマンションで暮らしていたSさま。
マンションの賃貸期限が2年と決められていたため、マンション、分譲住宅も含め、少しずつ家探しをスタート。

お正月休みにたまたま立ち寄った吉島展示場で、完成間近な新モデルハウスを見て、中庭を中心に採光とプライバシーを確保したプランを気に入り、「新築注文住宅もいいな」と思われたとのこと。

いろいろな土地を検討された末、高速4号線を使えば、通勤にもあまり時間がかからないことからこころを最有力に絞り、家づくりをスタートされました。

外観
シンプルな外観のHさま邸。
ショールームのようなガレージの屋根はご主人のこだわり。

希望のプランを実現した北西角地の土地

ご主人の希望は、中庭を作ることと愛車3台の駐車スペースを確保すること。いろいろな土地を検討した結果、ここなら希望が実現できますよ、と提案されたのが北西角地。

「家は南向きがいいとは聞いたことがあったけれど、北西なんて聞いたことがなかったので、最初はだまされているんじゃないかと思った」と笑います。

けれども、出された提案プランを見て「確かにこれはいい」と思ったとか。角の立地を活かして、家の周囲に駐車スペースを確保し、道路面の窓は小さめにして外からの視線をカット。

そのぶん中庭側には大きな窓を取り、まさに「外に閉じて中に開く」というコンセプトを実現。

「外から見たら、ちっちゃい窓しかないので、怪しい家と思われているかも」と奥さまも笑います。

けれども、家を訪れたご友人達はみんな室内の明るさに「外から見た印象と全然違う」と驚くのだそうです。

最近は近所をウォーキングするのが日課になったという奥さまは、いろいろな家の素敵なところを見つつ、家に返って「やっぱり我が家が一番」と思うのだとか。

ウッドデッキ
夏はお風呂上がりに夕涼みするのが楽しみというウッドデッキ。
2Fから見下ろした中庭
2Fから見下ろした中庭。和室、リビング、浴室・洗面でコの字型に囲んだ中央に中庭とデッキを配置。外部からの視線から守られたプライベートスペースに。
和室
和室からも見渡せる庭。暖かくなったら、ガーデニングも計画しているそう。

明るいくつろぎのLDK

リビングは、中庭に面した窓をフルオープンタイプのサッシにして、より明るく開放的に。大きく開け放してもくつろげるのは、外部の視線から守られた間取りならでは。

キッチンは「気分が上がるから」とピンクのシンクをポイントカラーにした白いオープンキッチン。
キッチンカウンター向かいのタタミスペースは、アスタのモデルハウスを見て気に入ったアイデア。

短期間にたくさんの展示場なども見て参考にしたというHさまは、
「東広島のモデルハウスを見て、最初はナチュラルテイストにしようと思っていた」とのことでしたが、最終的には大理石調の床のモノトーンで統一し、奥様が子どもの時から愛用しているピアノも調和するスタイルに。

「ピアノもインテリアの一部ですよ、と言ってもらったんです。本当にその通りになりました」

リビング
フルオーブンサッシで中庭からの光を取り入れるリビング。右奥のピアノもインテリアの一部のよう。
リビング
部屋の広さをそのまま感じさせる背の低いソファのチョイスはさすが。モノトーンで統一された家具、インテリアの中で、シンクのピンクと和室の壁の赤がアクセントに。
和室
冬は奥さまがコタツを置いてくつろいでいたタタミコーナー。小上がりの下は収納スペースに。

照明にもこだわりを

Hさま邸で特に印象的なのが、玄関ホール正面のタイルと照明の演出。

吉島展示場のようなタイルを玄関のインテリアに取り入れることを決め、そのラインを縦にするか横にするかを決める際に、H様ご夫婦と担当のスタッフみんなで多数決を取ったところ、見事に好みが二分。

そこで設計の平谷が「両方取り入れましょう」と折衷案を提案し、カギの字型を2つ合わせたようなスライドクロスデザインに。

「何回説明を聞いても仕上がりが想像できなかった」というHさまでしたが、完成したデザインを見て納得。

「縦も横もいいと思って決められなかったら、結果的に個性的で素敵なデザインになった。さすがプロと感心しました」

リビングの間接照明
リビングにもリクエストで間接照明を採用。
2F洗面の照明も奥さまのお気に入り。隣のピンクのトイレも奥さまのコーディネート。
玄関ホールを左に行くと2Fに、右に行くとリビングと和室に通じる。
洗面室
玄関壁面をタイルを用いたニッチデザイン。センサー式で人の気配を感知して照明が灯る。

新年に初めて展示場を訪れてから、年末には入居と非常にスピーディーに進んだHさま邸。

特にプランを固める2ヶ月間は、土・日や平日の夜の時間を利用して週2、3回のペースで打ち合わせを進めたそうで、「中野くんに会わない週は物足りなく感じたくらい」と当時のことを楽しそうに振り返ります。

営業、設計、コーディネーター達の最新の提案を盛り込んだ吉島展示場を気に入って、採用したいと言ってくださった最初のお客様だったこともあり、「みんなのこだわりやアイデアを盛り込んだ、チームの集大成のような家になった」と、営業担当の中野。

吉島のアーバングレイス・WESTに引き続いて、Hさま邸の設計を担当した平谷も横で大きくうなづきます。

これから初めての春・夏・秋を迎えるHさま邸。
それぞれの季節の光と風を新しい住まいで感じるのが楽しみと語ってくださいました。

スタッフと記念撮影
一緒にお引っ越ししてきた愛犬のプーちゃん(取材時は手術直後でカラーを装着中)。元吉島展示場の店長で愛犬家の田本氏は、犬の飼い方もアドバイスしたとか。
スタッフと記念撮影
奥さまを中心に、営業担当の中野(左)と設計担当の平谷。
和室
リビング造り付けのガラス棚。壁には吸湿に優れたエコカラットを採用。

H様邸完成までのステップ

2013年8月末行動開始

ぶらりと吉島展示場へ。
ご主人が中庭を活かしたプランを気に入る。

2013年11月土地購入

土地も含め本格的に注文住宅を検討。
いくつかの候補から、利便性の良いこころを気に入り、今の北西角地の土地なら、希望のプランを実現できると決定。

2013年12月プランづくり

週に2,3回ペースというハイペースで打ち合わせを重ね、プランを固める。

2014年2月着工

 

2014年8月完成、お引き渡し

広島の 月としては記録的な大雪となった日に引っ越し。トラックが遅れて困ったことなども今では良い思い出に。