HOUSING
CAFE BLOG

ハウジングCafe

トータテblog

2019/5/18/ 土曜日

こんなリビングにしたい!注文住宅のおしゃれなLDKの間取り実例

リビングは家族みんなが長時間過ごす場所。

せっかく注文住宅を建てるなら、リビングのデザインにもこだわりたいですよね。

 

今回は、リビングの間取りの考え方のポイントやおしゃれなリビングの実例を紹介します。

ぜひ、お気に入りのリビングを見つけてみてください。

 

リビングの間取りの基本(縦長・横長・L字型)

リビングには、縦長や横長、L字型などの形があります。

厳密に分類できるわけではないのですが、「だいたいこんな形があるんだな」と特徴を見ておくと、間取りや家具のレイアウトを考えるのに役立ちます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分のお家にはどんなリビングが合うのか考える参考にしてみてください。

 

・縦長リビングの間取り

SONY DSC

リビングとダイニング、キッチンが縦に並んでいるレイアウト。

リビングの奥がお庭やバルコニーと接していて、開口部がとれる場合が多いです。

 

壁の面積が多くなるので家具が配置しやすいというメリットがあります。

キッチンから部屋の奥まで見渡しやすいので、子供さんにも目が届きやすいです。

 

・横長リビングの間取り

LDK2_yoko

リビングが横長になっていると、キッチン〜ダイニング〜リビングにかけて、開口部が大きくとれます。

リビングに自然光がたくさん入ってくるので、部屋中が明るいのがメリット。

そのぶん壁は少なくなるので、家具の位置に工夫が必要ですね。

 

屋外のお庭やバルコニーとの繋がりがあって、開放感があるリビングになります。

子供さんが外で遊んでいるとき、キッチンからもリビングからも目が届きやすいのも嬉しいです。

 

・L字型リビングの間取り

LDK3_Lji

こちらのお宅ではリビングの一角に中庭を設け、LDKをL字型に配置しています。

中庭から部屋のすみずみまで光が届き、LDK全体が明るい雰囲気です。

中庭は子供さんの遊び場にはもってこい。

 

外部からの視線も気にならないので、夏はプールなども安心してできますね。

通常のお家ではどうしても北側に光が入りづらい部屋ができてしまうのですが、中庭を設けると家全体にまんべんなく光を取り入れることができます。

 

注文住宅のリビング実例①リビング階段のある間取り

LDK4_kaidan

リビングに設けた階段を「リビング階段」といいます。

 

2階に上がるときに必ずリビングを通ることになるので、家族がコミュニケーションをとる機会が増えます。

小学生、中学生、高校生…と子供さんが大きくなっても、帰宅が分かりやすいので安心です。

冬に階段が寒くなりにくいのも嬉しいですね。

 

戸建て住宅では、2階に洗濯物を干すといったケースも多いのですが、リビング階段があると1階と2階の行き来がしやすいので、家事動線上もメリットがあります。

 


この投稿をInstagramで見る

トータテハウジングさん(@totatehousing)がシェアした投稿

リビング階段は、見せ方によってはLDKのおしゃれなアクセントにもなります。

部屋の端っこではなく、あえて部屋の中央に階段を設けることも。

木のあたたかみのある階段、ガラスや金属のスタイリッシュな階段、蹴込み部分のないスケルトン階段などデザインも豊富です。    

 

注文住宅のリビング実例②リビングに吹き抜けがある間取り

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

トータテハウジングさん(@totatehousing)がシェアした投稿

リビングの天井をなくして、上の階の天井まで繋げるレイアウトです。

デザインがおしゃれなので、憧れる方も多いのではないでしょうか。

上の階の床面積が減りますが、全体ではなく、部分的に吹き抜けにすることも可能です。

 

リビング天井が高いぶん開放感が出て、採光や通風といった点でもメリットがあります。

リビングの空間が広くなるので、冷暖房効率は悪くなってしまいます。

冷たい空気は下に、温かい空気は上にいくという性質があるので、特に冬は寒くなりやすいです。

床暖房などをうまく使ったり、建物の断熱性・気密性などを工夫することで、家全体を温かく保つことができます。

 

注文住宅のリビング実例③和室を隣接させた間取り

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

リビング横の和室はふだんはリビングの延長として使えて、仕切ると客間や寝室としても使える便利な空間です。

小さな子供さんがいる家庭では、布団を敷いてお昼寝スペースとして、着替えやおもちゃなどを置くスペースとしても使えます。

洗濯物をたたむなどの家事スペースとしても使えますし、来客があるときにはしめておけばゴチャゴチャしたものを隠せるというメリットも。


この投稿をInstagramで見る

トータテハウジングさん(@totatehousing)がシェアした投稿

注文住宅なら、和室にもご希望のデザインを取り入れることができます。

畳の種類や照明などにこだわると、リビングとなじむようなモダンな和室も作れますよ。    

 

注文住宅のリビング実例④LDKにスキップフロアを取り入れた間取り

SONY DSC

スキップフロアとは、1階・2階といった高さにとらわれずに、高さをかえることで空間を仕切っていく設計です。

個性的なデザインで、遊び心のあるお家を作ることができます。  

 

例えばこちらのお宅では、リビングから階段を5段分のぼったところに小さなワークスペース等を設けています。

リビングにいる家族とコミュニケーションがとれる場所でありつつ、ほどよく個室感のある空間ができました。

 

スキップフロアをうまく使うとLDKが広く見えますし、同じ階にいながらも別の部屋にいるような視線のズレが生まれます。

狭小地や高低差がある土地で、スペースを有効活用できることも。

 

注文住宅のリビング実例⑤2階にリビングを設けた間取り

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

トータテハウジングさん(@totatehousing)がシェアした投稿

2階にリビングを配置すると、狭小地や住宅密集地などでも光が届きやすく、明るいリビングを作ることができます。

二世帯住宅の1階と2階に各世帯のリビングを設ける、といったケースも考えられますね。

 

特に近隣の住宅との距離が近い場合は、1階は近隣からの視線や生活音が気になって、落ち着かないこともあります。

2階リビングならプライバシーを確保できるので、カーテンを開けて生活できます。

場所によっては2階にリビングを設けることで、景観が楽しめるというメリットも。

その家族にとって一番適した場所にリビングが作れるのも、注文住宅の良いところです。

 

まとめ

リビングの間取りを決めるポイントは、広さや形、明るさ、そして家事動線、冷暖房効率、家具の置き場所…などさまざま。

他にも「吹き抜けに憧れる!」「リビング階段がいい!」など家族みんなの希望を書き出して、間取りを決めて行くと良いですね。