TWO-FAMILY HOUSE

二世帯住宅

二世帯住宅が求められている3つの理由

トータテハウジングは、ここ数年増え続けている二世帯住宅のニーズにもお応えしています。二世帯住宅が求められている主な理由を整理してみましょう。

●二世帯住宅が求められている理由

1つ目は、親世帯と子世帯がお互いにサポートし合えるからです。子どもの送り迎えや日常のちょっとした用事も対応できる人数が多いと心強いもの。親世帯からすると、重たい買い物などを子世帯に手伝ってもらうことができるなど生活面でのメリットは大きいですよ。

2つ目は、経済的な負担を軽減できる点。注文住宅は、大きく分けると「建築費用」「土地購入費用」「諸経費」と3つの費用の合計値から総予算が決まります。子世帯だけで注文住宅を建てることに比べて、親世帯と一緒に二世帯住宅を建てることにより、建築費用、土地購入費用、諸経費を折半することが可能。日常的に使用する生活費、光熱費なども節約できますよ。

3つ目は、家族の絆です。家族が身近にいるというのは心強いもの。災害が起こったいざというときも、日常的にも、近くにおじいちゃん、おばあちゃん、息子、娘がいるというのは安心ですよね。お互いに助け合うという意味でも、一緒に住む、近くに住むということの必要性が再度見直されてきています。

「みんなでワイワイ暮らしましょうよ」というご主人の意見で、親子世帯で分けない、みんなで暮らす二世帯住宅を建てたSさま邸。

実例の詳細ページはこちら

●二世帯住宅3つのタイプ

次に、二世帯住宅を検討する上で押さえておくべき基本的な3つのタイプについてご紹介します。

完全共有すべての生活空間を共有します

すべての空間や設備を共有するパターンです。家事や子育てを協力しながら、一つの大家族として暮らしていくタイプとなります。建築費を抑えることができます。

一部共有一部の設備や空間を共有します

例えば玄関と浴室のみ共有するなど一部の設備機器や居住空間を共有するパターンです。部分的に設備機器を共有することで建築コストを抑えながら、リビングを分けるなどすることで、それぞれの世帯の生活ペースを保つことができます。

完全分離世帯ごとに分かれており
生活が独立しています

建築する家が一つにつながっていますが、上下階に分かれるなど世帯ごとに居住空間や設備機器が完全に独立しているパターンです。設備機器を別々で設置する必要があるため、3つの中では最もコストがかかります。その一方、生活サイクルやプライバシーを気にせず暮らしながら、頼れるところはお互い頼ることができます。

●同じ敷地内に別棟を建てる

完全分離タイプの中で、採用されることが多いプランとして、「実家の敷地内にもう1棟を建てる」というパターンがあります。子育て世代のファミリーが家を建てるときの場所選びの理由として「子どもが赤ちゃんのときや、風邪をひいたときなど、親が住んでいる実家に近いほうが安心」「住み慣れた地元として実家近くで土地を探している」というのはよく聞くお話です。このとき、実家の敷地や、実家近くの土地を親御さんから譲り受け、別棟をもう1棟建てるか、実家を思い切ってリノベーションして二世帯住宅に変更するなどの選択をすることも、完全分離型の二世帯住宅に近い考え方となっています。

お父さま、お母さま、ご主人、奥さま、息子さん2人の6人家族で都市型2世帯3階建て住居を建てられたNさま邸。

実例の詳細ページはこちら

●二世帯住宅のメリット・デメリット

二世帯同居によるメリット・デメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。実際に二世帯住宅に住まわれている人から下記のような声をいただいています。

・出かけるときの雨戸の開け閉めや洗濯ものを取り込むなど家事を頼むことができる
・親世帯と孫が一緒に遊ぶことができ、子どもの成長にプラスの影響を与えることができる
・留守中の荷物の受け取りなどを頼むことができる
・子どもの急な発熱のときに、親世帯を頼ることができる
・若い世代が得意なパソコン操作などを頼ることができる
・二世帯にすることで建築費、土地代を抑えることができる
・両世帯で食事を一緒にするなど生活費や光熱費を削減することができる

・子育て中で働き盛りの子世帯と、親世帯との生活リズムの違いからストレスを感じる場合がある
・入浴、調理などを共有する一部共有、完全共有パターンの場合、生活費・光熱費 の分担の基準をあいまいにしているとトラブルになる可能性がある
・掃除のやり方、片付け方などの違いから、どちらかの世帯が気を使うようになってしまうことがある

二世帯同居は、全員が仲良く暮らすためにも、お互いの世帯を尊重し、メリット・デメリット理解をし合った上で計画していくことが大切です。あえて両世帯で光熱費のメーターを分けるなどトラブルを避けるために世帯間でよく話し合っていただくことが大切です。また、お互いのプライバシーに配慮をするためにキッチンを別々に設けるなど、生活サイクルに合った具体的な対策をプランに反映することも考えて進めていきましょう。

●狭小地の課題を解決する都市型3階建ての二世帯住宅

トータテハウジングは、狭小地での3階建て二世帯住宅のプランをご提案しています。

中庭設計

×

3階建て

×

二世帯住宅

吉島住宅展示場のモデルハウス「GRANDE-グランデ-」は、玄関だけを共有し、それ以外のキッチン、浴室、洗面脱衣室、リビングダイニングなどは完全分離型で設計している二世帯住宅の間取りプランを取り入れています。

トータテハウジングの吉島住宅展示場モデルハウス「GRANDE-グランデ-」。二世帯同居を想定した都市型3階建て住宅です。

【吉島住宅展示場「GRANDE-グランデ-」の間取りプラン】

PLAN

吉島住宅展示場「GRANDE-グランデ-」の間取り図。1階:親世帯、2・3階:子世帯に分かれた二世帯住宅となっています。幅が狭く、奥に長い敷地を想定し、2・3階に中庭を設けることで明るい室内空間になるような工夫を取り入れています。

中庭を設けることで日照と開放感を取り入れた設計

都市部の狭小地では、隣の建物との距離が近いことから、窓からの採光を取り入れることが難しく、「光が入らず、日中も照明をつけっぱなしにしている」ケースがあります。GRANDEは、このような狭小地や都市部の敷地の周辺環境に配慮して、建物の中心部2階部分と3階部分に中庭を設けることで、日照を取り入れ、窓を多くすることで開放感を感じられる設計手法を取り入れています。
また、都市部では「外気が汚れているため空気の入れ替えができない」場合がございます。そのため、24時間換気システムを採用し、常に新鮮な空気を循環させることで快適な暮らしを送ることができるご提案をしています。

二世帯住宅を体感できる住宅展示場

トータテハウジングの住宅展示場では、二世帯住宅を想定して設計したモデルハウスをご体感・ご見学いただくことが可能です。中庭設計による開放的な空間、両世帯の生活スタイルをイメージした間取り空間をご体験いただけますので、ぜひ、事前にご予約の上、ご来場をいただけますと幸いです。事前にご予約をいただきますと、二世帯住宅を想定した間取りプランについてスタッフが詳しくご説明・ご対応をさせていただきます。ご予約は、下記の住宅展示場モデルハウスの各ページの予約フォームからお申込みください。

住宅展示場・見学申込はこちら