COURTYARD

中庭設計

中庭紹介

中庭を起点に各部屋の
ゾーニングを決める

トータテハウジングの設計コンセプトで、重要なキーワードとなっているのは「中庭を設ける」ことだ。奥行が深い細長い土地や、人の往来が多い国道沿いの土地でも、中庭を設けることで、プライバシーを保ちながら外とのつながりを持つことができる。また、家の中心部に中庭という中間領域を持たせることで、「半室内・半室外」空間をつくり出すことができる。洗濯物を干す実用的な空間としても、陽だまりの中でくつろぐテラスとしても活用ができるのだ。

家の中心部から光を取り入れて各部屋に日照を取り入れることができる

時間のない忙しい共働き夫婦が“時短”で豊かに暮らせることを想定した間取り設計を行っている「titta(ティッタ:広島市安佐南区こころ住宅展示場)」。ここでは、洗濯などの家事スペース、大容量の収納空間、料理をするためのキッチン、食事をするダイニングを、中庭を中心にぐるりと配置した特徴的な間取り設計がポイントだ。

建物がたたない位置から光と風を取り入れる

敷地の特徴を活かし、光と風が気持ちいいゾーンを中心にプラン。
敷地が北側しか空いてなくても、曲面に吹抜けを設けて明るい空間に。

リビングに隣接させることで開放感を創出
建物を中庭に向けてコの字型に設計。リビングに隣接するテラスを設けると、リビングの開口部が大きく広がり、開放的な空間を作り出すことができる。

家族がくつろぐリビングは、テラスを挟んで通りから最も遠い場所にすることでプライベートに配慮しつつ、南側の中庭から光が存分に届く設計です。中庭を囲むように部屋をコの字型に配することで、テラスから採光と通風を確保しています。

トータテハウジングが得意とする狭小地の3階建て住宅には、この中庭設計の考えが生かされている。室内に光をふんだんに取り入れることができるのは、この中庭設計のアイデアが生かされているからだ。

中庭設計を体感できる住宅展示場