PASSIVE DESIGN

パッシブデザイン

トータテのパッシブデザイン

パッシブデザインで夏は涼しく、
冬は暖かい家を実現

パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、太陽の光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま受動的に利用して、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。
パッシブデザインによって、「断熱」「日射」「明るさ」「風通し」を向上させることによって、住まいの快適性、省エネ性を高めると、夏は涼しく、冬は暖かい住環境をつくりだすことができます。

吹き抜けとテラスの開口部から光をたっぷりと取り入れて明るく開放的な室内空間を実現。

東広島住宅展示場「JuJu-ジュジュ-」

日射をコントロールする

軒の出を出して、夏場の直射日光が室内に直接入らないように遮ることによって、室内の涼しさを保つことができる。冬場は、日差しの角度が浅くなるため、窓から日差しを室内に入れてひだまりをつくることができる。

季節、時間帯に応じて、建物に当たる日射の角度を計算して、夏は暑い日差しを遮り、冬は室内にひだまりをつくりあたたかさをプラスします。春夏秋冬で入ってくる日射取得の角度と面積を確認して建物を配置します。または、窓の位置や、窓の断熱性能・遮熱性能を選択することが必要です。夏の強い日射を軒の出を出して遮ったり、夏の暑い西日が直接室内に入らないような建物の配置をしたりする手法を取り入れています。

夏の暑い西日をコントロールする

夏の強い日射は軒の出を出して遮る

冬は、室内に日光を取り込み、熱エネルギーを室内に取り入れる

明るさをコントロールする

ダイニングスペース上の吹き抜けからの光と、中庭から入る光で、明るいLDKを実現。直射日光が当たらないため、心地よく過ごすことができる。

こころ住宅展示場モデルハウス「titta-ティッタ-」

窓からの間接光でやわらかい光を入れる

日照計画をすることで、どの部屋も昼間は明るい状況をつくり出します。日当たりの良さを考えれば、直射日光が当たる南側に窓を設けるのが基本ですが、直射日光が当たらない窓からも、空からや周りの建物、壁に反射した関節光は入ってきます。

光を奥まで導いて明るくする

窓が十分に設けられなくても、窓から離れた部屋に光を導いて明るくすることも可能です。直接的に光を取り込む方法としては、吹き抜けがあります。また、室内の壁や天井を白くすれば、取り入れた光を部屋の奥まで反射して取り込むことができます。この考え方を利用して、強すぎる西日を一回中庭の壁に当てて、反射した光を室内に取り入れるなどの工夫をすることができます。

都市部の狭小3階建てでも、中庭からの採光・関節光によってこのように明るい空間設計が可能です。室内を白にすることで、部屋全体が明るくなっています。

吉島住宅展示場「SOLAla-ソララ-」

空気の流れをコントロールする

リビング、ダイニング、水まわり、2階の各部屋がゆるやかにつながりあう間取り。風が通るように窓を配置し、吹き抜けを設けることで1階から2階へ風が通る動線を実現しています。

ちゅーピー住宅展示場「RINKA-リンカ-」

室内の空気がよどみなく、きれいで清々しい空気が循環する間取り設計を行います。1階から2階へ吹き抜けや階段を介して風を通したり、窓から窓へ行き止まりのない導線にすることでどの方向から風が吹いても風が通るようにしています。
春や秋など気温が穏やかな季節は窓を開口して自然風を取り入れるかと思いますが、夏や冬は外気温や外気の湿度の影響を受けないように、住まいの断熱性能を高め、空調で室内の快適性を高めています。

季節風や周囲の建物・環境を考慮して風が入ってくる時間、強さを計算して室内に風を上手に取り入れます。
 

高気密・高断熱化が進んだので、風はあくまで一時的に窓を開口した場合のみ。自然な風を取り入れて気持ちのよい風通しを実現。

室内に空気のよどみが発生しないように、空気が循環するような行き止まりのない間取り動線をつくります(例、吹き抜け、仕切り壁でゆるやかにつながる建具など)。

夏や冬は、外気温の影響を受けないように、空調で快適な空気環境をつくっています。
 

断熱・気密・通気で快適な室内を実現

トータテハウジングでは「外断熱」と「内断熱」の両方のメリットを兼ね備えた「ダブル断熱」を標準採用しています。

断熱性に関する記事はこちら

冬に暖かく過ごすためには、しっかりと断熱をすることが重要です。室内の熱を外に逃がさないよう、外壁、屋根、床、窓において熱を伝わりにくくすることが断熱性能を高める上で重要です。
断熱性を高めることにより、家の保温性が高まりますので、夏場は、エアコンの効きをよくし、屋根、外壁に当たる直射日光の熱を遮ることにつながります。住まいの断熱性能を高めることは、快適な室温を維持すると同時、余分なエネルギー消費を抑え、光熱費を抑えることにもつながります。
断熱性を高めると同時に対策をとっておかなければならないのは、「気密性」「通気性」です。気密性とは、建物のすき間を少なくすることです。暖房であたためた空気を外に逃さず、外の冷気を入れないようにします。すき間風が入ってしまう家であれば断熱性が高くてもその効果は半減してしまいます。気密性を高くしたときに、同時に保たれなければならないのは、通気性です。24時間換気システムを取り入れて常に新鮮な空気を循環させるようにしておくことが必要です。

パッシブデザインを体感できる住宅展示場

トータテハウジングの住宅展示場では、パッシブデザインを取り入れた空間づくりをご体感いただくことができます。時間帯によって室内に入る光の量が違ったり、窓から入り込むさわやかで明るい開放的な空間など快適な空間づくりを実際に目で見て感じていただけます。

住宅展示場・見学申込はこちら