QUALITY

品質・技術

トータテの品質

トータテハウジングの家づくりのコンセプトを実現するために、私たちは3つの大きな柱にこだわっています。このこだわりが、いつまでも「安心」で「快適」なお客様の暮らしを実現するのです。

3つのこだわり

断熱性

一年中いつでも、家のどこにいても快適に暮らせるために、建物の断熱性能や気密性能にこだわります。

省エネ性

最新の省エネ設備の採用と住宅性能を高める設計をすることで少ないエネルギーで快適に暮らすご提案をしています。
できるだけエネルギーを消費しない家にするためには、様々な技術と提案力が必要になるのです。

耐震性

大地震から家族と住まいを守るために、最先端の技術と数値に裏付けられた耐震性能にこだわります。耐震性能はもちろん、地震の揺れによる住まいの損傷リスクを回避する制震対策も行っております。

ダブル断熱

トータテハウジングの注文住宅では「外断熱」と「内断熱」の両方のメリットを兼ね備えた「ダブル断熱」をご提案しています。外側の断熱材には、世界最高レベルの0.020W/( ㎡・K) の高い断熱性をもつネオマフォーム、内側の断熱材には防音性、耐水性にも優れていたロックウールを採用。この「ダブル断熱」により、非常に高い断熱性能を実現することができます。

窓の断熱

開口部のサッシには熱が伝わりにくい樹脂サッシと、ガラスはアルゴンガス封入したLow-E 複層ガラスを組み合わせた「高断熱窓」を標準採用しています。住まいの中で、一番熱損失が大きいのは窓です。熱の出入りが最も大きい窓は、夏は窓から入る熱を遮断し、冬は室内の暖気が窓から逃げないよう断熱することが大切です。
トータテハウジングでは、快適な暮らしのために開口部を小さくするのではなく、サッシの性能を上げることで住まいのエネルギーロスを抑え、光熱費の削減に貢献します。

UA値

建物の断熱性能を数値で表したものが「UA値」です。地域によってその基準が決められているのですが、トータテハウジングでは広島県の省エネ基準(地域区分4・5・6 地域)を大きく上回る北海道と同基準の性能を実現しています。
この数値に裏付けられる高い断熱性能は、一年中快適で省エネな暮らしを実現するためのトータテハウジングの技術力の証です。

気密・換気

気密性とはバケツの穴から水が漏れるように、家の隙間からの空気が漏れる割合のことです。気密性が高いと断熱性能も安定し、外気に影響されにくくなります。また、家の中をいつもきれいな空気にしておくためには「換気性能」も重要です。しかし、すき間の多い気密性が低い家は、余計なところで空気が漏れるのできちんと計画通りに換気ができなくなります。気密性能をあげることは、いつも家の中をフレッシュな空気で暮らすための技術なのです。