QUALITY

品質・技術

トータテの品質

トータテハウジングの家づくりのコンセプトを実現するために、私たちは3つの大きな柱にこだわっています。このこだわりが、いつまでも「安心」で「快適」なお客様の暮らしを実現するのです。

3つのこだわり

断熱性

一年中いつでも、家のどこにいても快適に暮らせるために、建物の断熱性能や気密性能にこだわります。

省エネ性

最新の省エネ設備の採用と住宅性能を高める設計をすることで少ないエネルギーで快適に暮らすご提案をしています。
できるだけエネルギーを消費しない家にするためには、様々な技術と提案力が必要になるのです。

耐震性

大地震から家族と住まいを守るために、最先端の技術と数値に裏付けられた耐震性能にこだわります。耐震性能はもちろん、地震の揺れによる住まいの損傷リスクを回避する制震対策も行っております。

一次エネルギー消費量計算

これから建てる家がどれだけ省エネの家なのかは、「一次エネルギー消費量計算」をすることで数値として確認できます。これは、「UA値」などの基本性能を元に「冷暖房設備」や「給湯・照明・換気設備」などの消費エネルギー量を建物によって計算する手法です。
BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)ではこの基準を20%以上削減することで最高クラスの☆☆☆☆☆が取得可能なのですが、トータテハウジングではこの基準をたやすく取得することが可能な省エネ性能を誇ります。
この性能が高いほど、ZEHの家になりやすいということです。

省エネ機器

高効率のエアコンや給湯器、長寿命・低消費電力のLED照明など、電力の消費を抑える省エネ性の高い設備を採用。さらにこれらの機器をコントロールするHEMS(ヘムス)を活用することで、エネルギーの無駄を省きながら、発電状況や消費電力もまとめて確認できる、便利で快適な暮らしを実現できます。

パッシブデザイン

省エネの家は、自然の力を取り入れることでも大きな効果を発揮します。夏は日差しを深い軒でさえぎり、冬は太陽の光を室内の奥まで届ける。また、季節によっては気持ち良い風を家の中に取り入れることなど、光と風の自然の作用を積極的に活用することで、冷暖房機器の使用を大きく軽減できます。広島県の気候を知り尽くし、更に自由設計でご提案できる私たちだからこそ、あなたの敷地環境に合わせてエネルギー消費を抑えたすまいをデザインできるのです。