CUSTOMER'S VOICE

2017年3月入居 府中町Hさま邸 ご主人、奥様、2人の男の子4人家族

スキップフロアが生み出す家族の楽しいおうち時間

ご結婚当初から、「いつかは家を持ちたい」と考えていたというSさまご夫妻。2人の男の子の成長もあり、本格的に土地探しを始め、希望のエリアに古家付きの土地情報を取得。
ご主人がお仕事でご縁のあったトータテハウジングにご相談くださり、営業担当となった橋爪氏が既存建物の取り壊し費用などを含めた土地取得の交渉に。
「橋爪さんが本当によく動いてくださったので、とても助かりました。お蔭で気持ちにも予算的にも余裕を持って、家造りに取り組めました。」
感謝を延べられた橋爪氏は「家造りに関しては、奥さまと設計士、コーディネーターさんが、しっかりと固めてくださったので、僕の仕事は土地取得の交渉でほぼ終わったようなものです」と、照れながら笑って振り返りました。

カラフルなタイルカーペットを敷いたキッズスペースは、子どもたちのお気に入りの遊び場。

スキップフロアが叶えたゆとり

家を建てる際に、奥さまが実現したいと考えていたのが、モデルハウスで気に入っていた「スキップフロア」。思い切ってリビングを中二階に設けて階層を変えることで、ダイニングと生活空間を分けて、リビングをゆったりとしたくつろぎのスペースに。
リビング下の半地下は、収納スペースとキッズルームに活用。
ウォークインできる大型の収納で、リビングはすっきり。収納の扉の前に設けたキッズスペースは、ちょっとした秘密基地のよう。ステップを昇り降りする度に、違う家に遊びにきたようで、子どもならずともわくわくする、縦の空間をうまく活かした間取りになっています。

リビングの上は吹き抜けになっており、ゆったりと開放感あふれるくつろぎの空間に。リビングの階段や、造り付けのテレビボードを壁付けで浮いた構造にしたのは、ご主人のこだわり。

ウォルナットの木目調で統一したアイランドキッチン。3 つのコンロが横に並んだ、人気のIH クッキングヒーターを選択。キッチンの背後の扉から洗面室につながる家事動線の良さは、提案してもらって良かったと語るポイントの一つ。

ウォルナットカラーで統一したアイランドキッチン

奥さまの希望をもう一つ実現したのが、リビング、ダイニング、キッズスペースに目が届くアイランドキッチン。濃い目のウォルナットカラーがご夫婦希望のイメージで、フローリング、キッチン、カップボード、建具、家具を同じ色調で統一。スキップフロアでリビングの階層を分けたため、DK はインテリア性の高いキッチンが主役の空間となりました。

ダイニングテーブルは、ご主人の希望でフローリング材を天板に用いて造作したもの。統一感はもちろんのこと、強度や耐久性も抜群。

かわいい欧風の外観。ポストや玄関ドア、アプローチの石畳などのデザインも素敵。

ミックス瓦の欧風の外観を実現

外観は、奥さまが思い描いていたイメージを実現し、白い壁にオレンジのミックスカラーの瓦で、欧風のデザインに。
広々としたデッキを設けた庭では、お友達とバーベキューも楽しめます。お庭でも、お家の中でも、たくさん遊べる新しい家は、もちろん子どもたちもお気に入り。お出かけしていても「早く家に帰りたい」と言うそうですよ。

ダイニングの前には、広いテラスを設けて。バーベキューやプールなどお庭の楽しみも広がります。

一段高くなっているスキップフロアスペースがリビング、その下がキッズスペースと収納に。

完成までのステップ

2014年 冬

検 討

結婚当初から家が欲しいと考えていたご夫妻。
2人の子どもが大きくなってきたこともあり、
本格的に考えるように。

2015年 5月

相談

探していたエリアに、古家付きの今の土地を見つける。
トータテハウジングに相談し、
営業の橋爪氏が取り壊し費用などを含めた土地取得の交渉に。

2015年 8月

土地決定

正式に契約が成立し、本格的なプラン作りへ。

2015年 12月

プラン決定・着工

プラン決定、審査通過を経て、いよいよ着工。

2016年 6月

完成・お引き渡し

担当者のコメント

奥さまのご希望がしっかりとされていたし、ご主人も建築には詳しい方だったので、お二人のイメージを、スタッフみんなで一緒に実現していきました。日の入りがちょうど良い窓の位置を計算して提案したり、防火対応規制のある窓の位置を工夫したり、しっかりと吹き付け断熱を施したり。構造も、機能も、デザインも、全てがうまく調和したお住まいに仕上がったと感じています。

営業担当 橋爪