CUSTOMER'S VOICE

2012年4月入居 南区Hさま邸

土地探しと家づくり、どちらも営業の人柄が決め手に

まずは土地探しから動き始めた奥様ですが、お若いこともあり、「どこに行っても冷やかしと思われて、あまり本気で相手にしてもらえなかった」とのこと。

そんな中、唯一親身になってくれたのがトータテ住宅販売の下新(しもにい)氏。すぐさま良い物件を探して提案してくれ、ご主人が一目惚れで今の土地に決定。

下新氏の紹介で、トータテハウジングの営業柴田に声がかかり、柴田もまたHさまご夫妻と意気投合。

「私も主人も多くのお客様と会う仕事をしていたので、相手の人柄はすごく重視するポイント。その点、下新さんと柴田さんに縁があったことは、とてもラッキーでした。お2人に出会っていなかったら出来ていない家だと思っています」

旧市内で交通アクセスも良好ながら、閑静で広々とした好立地。

「家っぽくしたくなかった」と言うご夫婦の要望で、シックでシンプルながらセンスが感じられる外観。

道路面の窓は小さくして外からの視線を遮断し、反対面の窓は大きくして光と風を取り入れた。 隣家の大きな桜の木がグリーンを添える。

モノトーンのカラーリングとシンプルな間取りで LDKをすっきりと

1Fを店舗に、ということは決まっていたので、2Fをリビングに、3Fを寝室に、という大まかな間取りの希望は決定。

あとは営業、設計から提案をしては、ご夫婦の要望を加えて調整、という流れで、「本当にスムーズに家づくりが進んだ」というHさま邸。

「実際に生活を始めても暮らしやすく、大満足。やっぱり“自分の家に帰る”というのは、いいなぁと実感しています。」と奥さま。

ご主人も「毎日帰宅するのが楽しみになった」とおっしゃっているそうです。

LDを広く使うため、仕切りを付けたくなかったという奥さまのご要望でキッチンは壁付きに。

ご主人が特にお気に入りのバルコニー。

休日はここで本を読んだりして過ごされるそう。

居心地のよいヘアサロン「AM hear」オープン

1Fの店舗部分は、電気と配水などを要望の位置に設けたシンプルな空間でお引き渡しし、あとはオーナーである奥さまがコツコツと物を揃えて準備を整えていかれたとか。

2013年7月13日のオープン前日にお邪魔した際は、センスのいいカット台やシャンプー台を備えたサロンになっていました。

「素敵なお店になりましたね」と柴田もその完成度に驚いた様子。

「建築の段階で、保健所への手続きとか、必要なことは全て柴田さんが調べてくれて、動いてくださったので、店づくりに集中できました」と語る奥さま。

見つけた瞬間に「これだ」と思い、店ができるまで取り置きしてもらっていたというアンティークのカットチェア。

シャンプー台は、リラックスできるソファタイプのものを、と特にこだわったものの一つ。

一つひとつがセンス良く、かつ居心地良くまとまった店内。
水道管のハンガーラックにも注目!

店舗 待合

担当者のコメント

ご主人さまとも本当に仲良くしていただいて、
自分自身いろいろ勉強しながらも楽しく関わらせていただきました。
これからも仲良くしてください!

〈営業担当 柴田〉